2012年12月04日

サスティナブルプロジェクト

12月1日9(土)由利本荘市主催「ecoフェスティバル2012」にて、
当社の取組み「サスティナブルプロジェクト」を紹介しました。

P1010033s.jpg P1010020s.jpg


弊社では、「このふるさとに根を張りそこに生きる人々のために未来を歩む」
「これまでに培ってきた技や知恵をさらに活かして高めてゆく」という
先人の教えをしっかりと受継ぎ、「環境・再生」をキーワードとして、
自然豊かな“ふるさと”のため前進しなければならないと考えます。

そのためにはこの地域が永続的に続いてゆくことと、地球規模で環境問題を
考えてゆくことの両方が必要となり、いかに関わってゆくかを考えたうえでの行動を
「次代へ語る。長田の技術を、こころを、次代に残す。」の言葉のもと、
「サスティナブルプロジェクト」と位置づけ複合的に活動を展開するプロジェクトです。

現在、Co2削減、地域支援を主体とし、以下の5つの活動を複合的に行っております。
*サスティナブルハウス
 (自家発電・風車、太陽光、雨水利用など自然エネルギーによる環境にやさしい家づくり)
*BDF製造・利用
 (地域の廃食油の回収とBDF製造と利用によるCo2削減)
*NPO法人菜の花ネットーワーク会員活動
 (耕作放棄地の菜の花畑耕地、鳥海高原菜の花まつりバックアップ協賛、地域活性化)
*食品事業部ホリデー:アップルパイの製造販売
 (規格外品の活用、地産地消:地元農家作業の軽減支援)
*被災地慰問演奏活動支援
 (地元バンドBRONZE道心:BDFを使用した発電機、輸送トラック移動用バス提供支援)

◆プロジェクト紹介:概要図 PDF 


尚、弊社地産地消コーナーブースではアップルパイを販売。
用意した54カット全て完売となりました。ありがとうございました。

P1010002s.jpg P1010030s.jpg  


また、弊社が支援活動をおこなっている、環境意識の高いBRONZEの
被災地慰問ライブの模様を、映像とメンバーChihoさんのトークを交え紹介も行い、
会場入り口には実際に使用したBDF利用発電機及び輸送トラックも展示。
てんぷら油臭の排気ガス体験も行いました。

NEC_0109s.jpg P1010012s.jpg

PC013772s.jpg PC013778s.jpg

PC013776rs.jpg PC013773s.jpg


こちらもご覧ください。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
 にほんブログ村


続きを読む
posted by info-osada-const at 10:54| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスティナブルプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。