2014年02月28日

建設業年度末労働災害防止強調月間

平成25年度 建設業年度末労働災害防止強調月間 
実施期間 平成26年3月1日〜3月31日


knm20142.jpg


年度末は、多くの工事が竣工に向け、あわただしく、また、工事関係者、職種の出入りも多く、作業の油断も生じやすい時期となっております。
この時期の建設現場の安全衛生管理を徹底するため、「建設業年度末労働災害防止強調月間」と定め、労働災害防止運動が展開されます。
 弊社においては労働安全衛生委員会策定計画を基に、経営トップ、現場管理者及び作業者は、一層の安全衛生水準の向上を目指し、店社と作業所との緊密な連携のもとに一体となり労働災害防止活動の強化を計ります。

建設業労働災害防止協会による実施要項「重点事項」は下記のとおりです。
【重点事項】
1 経営トップ、管理責任者等による年度末安全パトロールの実施
2 リスクアセスメントの確実な実施
3 建設業労働安全衛生マネジメントシステム(コスモス)の導入、実施
4 墜落・転落災害防止対策の徹底
5 建設機械・クレーン等災害の防止対策の徹底
6 倒壊・崩壊災害の防止対策の徹底
7 不安全行動による災害防止対策の徹底
8 交通労働災害防止対策の徹底
9 安全衛生教育の推進
10 職業性疾病予防対策等の徹底
11 健康管理の徹底

posted by info-osada-const at 08:31| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。